NEW POST

クリスマスを待ってstaubで作るベラベッカ

今回はWE LOVE STAUBのお当番記事です。

クリスマスを待って焼くお菓子もいろいろありますが
ベラベッカという フランスのアルザス地方のお菓子を
staubで焼いてみました。

ベラベッカはパンドポワール(洋梨のパン)とも呼ばれていて
ドライフルーツをたくさん使った発酵菓子です。
発酵生地は つなぎ程度にほんの少し。
シュトーレン同様、毎日少しずつ切って食べるのだそうです。

キリストさまのおくるみの形に作るもののようなのですが・・・
staubで焼いたので丸です。
が、ほとんどがドライフルーツなので 
staubで焼くと表面だけが焦げたりすることもなく
きれいに焼けます。
d0180308_09530585.jpg
焼き上がりにシロップを塗ります。

d0180308_09531622.jpg
毎年作るシュトーレンは 半年以上前から準備して作っていますが
これは 2日前にドライフルーツをキルシュなどの洋酒に漬けて
ホシノで作る場合は 前日に生地を作り
生地とドライフルーツを混ぜて焼くだけ。

d0180308_09533894.jpg
ストウブに入れるときは なるべく隙間が無いようにしっかりと詰めてくださいね。
焼き上がりにばらばらにならないように・・・


この記事の写真も フィーユさんに加工していただきました。
かわいく素敵です!ありがとうございます!!

ストウブファンクラブ WE LOVE STAUB
に参加しています。
たくさんの素敵なレシピを見に行ってくださいね。
d0180308_11280349.jpg


[PR]
by shirokumapan | 2015-11-19 00:01 | we love staub

天然酵母パン教室「しろくまぱん」で焼くパンとお菓子


by shirokumapan